ベラジョンカジノ

【逮捕されない本当の理由】ベラジョンカジノの違法性を徹底検証

【公式にない情報】ベラジョンカジノはバンドルカードで入金できる?

 

ラジョンカジノをこれからプレイしようとしている方にとって、ベラジョンが違法なのか?合法なのか?はとても気になることだと思います。

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
ベラジョンカジノを始めたいのですが…違法だったら怖いなって思ってしまうんです。
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
この記事を読むことで、今のところベラジョンカジノは違法ではないことが分かると思うよ!

結論からになりますが、ベラジョンカジノを個人で楽しむ分には今現在は違法ではありません

その明確な理由を以下の流れでご説明します。

本記事のながれ
  • 今までベラジョンカジノで逮捕者はいたの?
  • 逮捕者がいたスマートライブカジノ事件って?
  • 不起訴を勝ち取った担当弁護士の見解は?
  • 法律が変わったら逮捕されるリスクは?
  • 今後のオンラインカジノはどうなるの?

最初に…ベラジョンカジノ運営に逮捕者はいるのか聞いてみた

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
そもそもベラジョンカジノのプレイヤーで逮捕者っているんですか?
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
もしも一人でもいたらその時点でアウトだからね。まずは率直に運営に聞いてみたよ。

ベラジョンカジノ 違法性ベラジョンカジノ運営の公式回答としては

ベラジョンをご利用の日本のプレイヤー様で、ベラジョンカジノ利用が原因で逮捕された方はいませんので、ご安心くださいませ。

でした。

2011年2月26日からベラジョンカジノは運営開始しているので、すでに今年で8年目になりました。

果たして違法性が高い賭博であれば、警察が8年近くも野放しにしていることがあるのでしょうか。

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
よかった。8年近くも逮捕者はいないんですね。ということはやっぱり違法じゃないんだ♪
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
マリコちゃん待って。実はベラジョンカジノ以外で日本国内で逮捕された事件が近年発生しているんだ。

 

プレイヤーが逮捕されたスマートライブ事件

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
ネットで調べたら、確かにスマートライブカジノをプレイしていた3人のプレイヤーが、2016年に逮捕されたそうですね…
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
そうだね。でも落ち着いてその事件の続きを読んでごらん。3名のうち1人は裁判で争おうとした結果、不起訴処分(お咎めなし)になったんだ

2016年6月、日本国内でスマートライブカジノというオンラインカジノで遊んでいた3名が逮捕される事件が起こりました。

このうち2名は略式起訴を受け入れて、罰金を支払うことでこの一件を終えました。

略式起訴とは?

罪を認めて、正式な裁判の手順を踏まずに罰金を支払うことで終わらせる簡略的な処分のことです。

交通違反の時にわざわざ裁判はしないで、罰金の支払いで終わらせるのと同じようなものですね。

 

ですが残りの1名は略式起訴を受け入れずに、裁判で争う姿勢を見せました。

その結果、その1名の方は不起訴処分となり、文字通り無罪放免お咎めなしとなったんですね。

これが意味するものは、検察は裁判で争っても勝ち目がないと判断したことになります

日本の検察は100%勝てる(有罪になる)事件しか起訴しません。

そのため実際に検察が起訴した事件は99.9%以上の確率で有罪になるそうです。

 

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
なんで1名の方は不起訴になったんですか?
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
それはねマリコちゃん、この事件を担当された弁護士の方の見解を見るとはっきりするんだ。

 

ここまでのポイント
  • スマートライブカジノをプレイしてた3名が逮捕された。
  • 1名が略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せたところ、不起訴処分となった。
  • 検察は裁判で勝てないと判断した

不起訴を勝ち取った弁護士津田先生の見解

このスマートライブカジノの一件を担当したのは、日本で唯一賭博を専門にする弁護士の「津田岳宏」先生でした。

津田先生がこのスマートライブカジノ事件で最も重要なポイントだとしたのは、以下の通りでした。

賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。

賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的におこなうものであり,「賭博事犯の捜査実務」にもその旨記載がある。

引用元:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノは、海外のライセンスを取得して合法的に運営されています。

そのため日本の賭博法では胴元であるオンラインカジノ運営会社を逮捕することができません

本件は,主たる地位にある一方当事者を処罰することができないにもかかわらず,これに従属する地位にある当事者を処罰することができるのか,という点が真の論点となる。

引用元:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

つまり…

本来賭博の責任は胴元にあり、その胴元を検挙するために捜査は行われるもの。それなのになぜプレイヤーだけが逮捕され有罪となるのか

ここが現在の法律から見た場合、今回の一件で最もおかしなポイントだったんですね。

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
確かに一番責任を負うべきオンラインカジノの検挙のために捜査が行われるはずなのに、そのプレイヤーだけ捕まえて有罪とするのはおかしいですね。
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
胴元は海外で合法的に運営している会社だから逮捕は不可能。となると、どうしても今の法律では賭博のメインではないプレイヤーだけを有罪にするのはおかしいんだ。

 

法律が変わったら逮捕される?

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
でも今後法律が変わることってないのでしょうか?法改定になった瞬間に逮捕とか嫌ですよ…
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
新しい法律というのは、突然決まる訳では無いんだよ。公布から施行まで時間があるから、その間に対処ができるよね。

さらに法の不遡及(不遡及)という考え方があることも知っておくといいと思います。

この「法の不遡及」とは、法律が施行される前までに行われた行為は不問とするという考え方です

仮に今後オンラインカジノを取り締まる法律ができても、現在ベラジョンカジノで遊んでいることは罪には問われないということですね。

今後のオンラインカジノはどうなっていく?

マリコ(初心者)
マリコ(初心者)
今後日本のオンラインカジノってどうなっていくのでしょうか?
ケント(オンカジ歴6年)
ケント(オンカジ歴6年)
IR法案も可決して、近い将来リアルカジノができるからね。おそらく日本政府はライセンスを発行するようになると思うよ。

ここからは当編集部の推測になるのですが、恐らく今後日本政府はオンラインカジノライセンス発行国になるのではないかと思います

現在オンラインカジノを合法化している国は世界に200以上ありますが、多くの場合リアルカジノを持っている国はオンラインカジノも合法化している傾向にあります。

日本がリアルカジノを作った際に、もしも同時に「オンラインカジノは違法」とすれば国際的な非難の的になります。

 

そうするよりもオンラインカジノへライセンスを発行することで

と二重に日本にとってはおいしいことになります。

この流れに実際になるのかは全く不透明ですが、少なくとも突然「オンラインカジノは違法」となるようなおかしな状況にはならないと当編集部では考えています。

【公式にない情報】ベラジョンカジノはバンドルカードで入金できる?
ベラジョンカジノ登録方法【完全マニュアル】ベラジョンカジノの登録方法をスマホとパソコン別々で分かりやすく解説しています。また登録時のよくある質問についても網羅し回答をしています。...

 

▼【2019】入金不要ボーナス一覧▼
 

▼上原亜衣ちゃんのカジノ!▼